TOP

お葬式で一般葬を選ぶメリットとは

最近は家族葬が増えてきているとはいえ、古来より伝統のある一般葬にも一般葬なりの良さがあります。家族葬ではなく一般葬を選んだ場合のメリットについて考えてみましょう。

まず、家族などの身内以外にも多くの参列者があるため、大勢で故人を偲ぶことができます。ときには、身内さえも知らないような故人の一面を垣間見る機会もあるでしょう。仕事での関係者や友人知人に対して、故人の最期の顔を見せられるのは一般葬ならではです。たくさんの思い出とともに送り出すことができるでしょう。

喪主としての負担軽減もあげられます。葬儀社に依頼すれば、会場の手配から祭壇や献花まで、お葬式に必要なことはスタッフが取り仕切ってくれます。初めてお葬式に直面するといった場合でも、一般葬であれば手順が決まっており、葬儀社にあらゆることを任せられるため安心だと言えます。

当日だけではなく、後日の弔問対応の負担を軽くできる利点もあります。家族葬であれば、仕事での関係者や友人などは日を改めて弔問に訪れるため、その都度対応する必要があります。しかし、一般葬では、故人と縁があった人が大勢集まるためその場で一度に見送りができ、遺族の負担を抑えることができます。

ページの先頭へ戻る