TOP

お葬式の一般葬での服装マナー

一般葬の服装マナーは、古来からのオーソドックスなお葬式の服装マナーと同一で考えても構いません。男性は礼服もしくは黒やグレーのスーツ、女性も同じく地味な色のスーツやワンピースが基本です。男性のネクタイは黒が望ましいです。コンビニや百円ショップで購入できるため、お葬式用に一本持っておくと安心です。ただし、ネクタイピンはつけないのが一般的です。女性はバッグやストッキングも黒で統一して、アクセサリーは付けないのが無難と言えます。

一般葬に子供連れで参列する場合、学生なら制服を着用します。制服が無いようなら地味な色のブレザーと白シャツでも良いでしょう。女性は明るい色の髪飾りやリボンをつけないように注意します。赤ちゃんであれば、白やグレーなどモノトーンのもので構いません。

冬場のお葬式は注意が必要です。当然コートを着用して行くことになりますが、焼香場所が屋外でない限り、葬儀会場に入る前には脱ぐようにします。コートの材質についても、毛皮や革など生き物の皮製は殺生の意であり死を連想させるためタブーとされます。これはマフラーや手袋などほかの防寒具にも言えることです。

社会人であれば、仕事上の付き合いなど身内に限らずお葬式へ参列する機会は多いです。日頃からの準備を怠らないようにしましょう。

ページの先頭へ戻る