TOP

お葬式の一般葬で渡す香典のマナー

お葬式の一般葬参列時に持参する香典とは、故人の遺族を経済的に援助するための金品のことです。香典にもマナーがあるため知識として持っておくようにしましょう。

お葬式に持参する香典は、一般葬でのお通夜への参列時に渡すのが一般的です。しかし、急な不幸などで準備できなかった場合は必ずしもこの限りではなく、翌日の告別式で渡しても失礼にはなりません。

香典額については、故人との関係で決めます。親だと5万円から10万円が相場です。親戚だと1万円から5万円以上、仕事での付き合いや友人は5千円から1万円、知人程度なら3千円から1万円が相場とされます。これらの額を基準にして、年齢や立場によって微妙に変わってきます。過去に香典のやり取りがあればその額を参考にしましょう。また、香典額が多ければ良いというものでもありません。今後も香典のやり取りが想定されますから、むやみに多く渡してしまうと相手への負担にも繋がります。迷ったら周りと相談して決めるのも一案ではあります。

香典袋の書き方にも決まりがあり、毛筆か筆ペンを使用して薄墨で書くのが基本です。仏教、キリスト教、神教それぞれで書き方が異なりますが、どの宗派でも使える表書きは御霊前です。

ページの先頭へ戻る