TOP

お葬式の一般葬参列時のマナー

一般葬には一般葬ならではのマナーがあります。マナー違反は遺族や故人に対して大変失礼にあたりますので、事前に知識として持っておき十分に注意することが必要です。

基本的なところでは、お葬式への参列時に持参する香典のマナーです。お札は新札ではなく、使用済みのものを使うようにしましょう。新札だと事前に準備していたように受け取られるためです。かといって、あまりにも古いお札もそれはそれで失礼ですので、適度に使われたものを探すようにします。どうしても新札しかなければ、折り目をつけておけば大丈夫です。

お葬式の場では遺族への配慮も必要です。大切な人を亡くして悲しみにくれている遺族の心情を慮って、会話は最低限の挨拶程度で切り上げるようにします。間違っても長々と話し込んではいけません。さらに、故人が亡くなった経緯を聞くのは最も失礼な行為とされているため注意が必要です。遺族以外に、例えばほかの参列者と世間話に興じるのもマナー違反です。久しぶりに再会した知人と近況報告をしたい気持ちはわかりますが、お葬式の場ではできる限り私語を控えるようにしましょう。

お通夜で出される通夜ぶるまいは、基本的に参加するのがマナーです。食事がのどを通らないような場合は、箸をつけるだけでも構いません。参加して故人を弔うようにしましょう。

ページの先頭へ戻る